ちえさき花坊

 

 – 花坊 – Hanabow

 

江戸畝刺し  家元

調査研究を重ね、大正4年を最後に機械刺しへ移行し廃れてしまって100年の【江戸畝刺し】の復活に成功した。
2000年U.S.Aミネアポリス&ニューヨークのステージ衣装として芳純の刺子袢纏を3着採用した実績を持つ。

近年では、アサコレ(2015)、銀座インズ(2016)、八 モノマチ(2016)等々に出展、

浅草公会堂(2015)、南昌荘(2016)にて個展を開催。

さらに、今年(2018)7月初旬にフランスで行われた世界最大の日本文化発信イベント”Japan Expo in Paris”への出展を果たし、江戸の火消し文化及び刺子袢纏(江戸畝刺し)を世界へ向けて発信。イベント期間中、刺子袢纏ブース内にて江戸畝刺し(手刺し)の実演を行い会場に来ていた多数のお客様、イベントに参加していたアーティストから絶賛の嵐が巻き起こりイベントは大盛況のうちに終了した。

 

✨ 江戸畝刺し 家元 ✨
江戸キルト作家 花坊*

 

コツコツ地道に
楽しみながら刺し進めています♪

(*´∀`)ノ

 

ただいま製作中…


 

✨ 花坊の6着目の総手刺し袢纏【鬼若丸】✨


 

あの❗
✨橘右之吉先生✨

わたしが一年がかりで刺し上げた

刺子袢纏『鬼若丸』

刺子袢鷲神社 【酉の市】にて
満面の笑みで着て下さっている写真👀📷✨
Facebookにアップしてくれていました。

 

 

光栄です✨
恐縮しております。

平成29年
鷲神社 【酉の市】 三の酉
『よし田』 にて纏『鬼若丸』

 

✨ 湯島のアトリエにて ✨


 

(^_-)-☆

 

 

【 お問い合わせ 】
メールフォーム✉
・E-mail : yoshizumi.kaba3@gmail.com
・Tel : 0195-62-5974

 

 

by MERCE Project