芳純

    –  芳純 - Yoshizumi

刺子袢纏絵付師

刺子袢纏絵付師を生業にしている世界唯一の看板絵付師。
地元盛岡における「染め工房」・「老舗藍染工場」との連携による技術向上など、火消し袢纏文化の継承を担う(少々偉そう?)。全国各地から広く受注実績を持つ。

岩手県盛岡市にある南昌荘(盛岡市指定保存建造物)にて幾度となく刺子袢纏の個展を開催している。

また、浅草にある浅草公会堂(2015)にて三社祭開催中に刺子袢纏の個展を開き、全国各地から集まったお祭関係者や三社祭を見に来た観光客から絶賛され大盛況のまま終了した。

芳純は江戸の火消し袢纏文化だけではなく、山車祭りの歴史にも精通している。

地元いわて沼宮内の秋祭りのみならず岩手県内で山車職人(波師)としても数多くの功績をおさめており、山車製作の第一人者として活躍している。

 

– 芳純の処女作 –浪裡白跳帳順』

※その他、刺子袢纏製作例はこちら

 

 

いわて沼宮内の秋祭り ”の組”の山車

 

浅草公会堂での個展【刺子袢纏に憧れて!】にて…


 

 

【 お問い合わせ 】
メールフォーム✉
・E-mail : yoshizumi.kaba3@gmail.com
・Tel : 0195-62-5974

 

 

by MERCE Project